剥離紙・剥離フィルム

剥離紙・剥離フィルム

剥離紙・剥離フィルムの写真

剥離紙・剥離フィルムは、粘着製品の粘着剤面を保護するだけでなく、製品自体の品質・性能を大きく左右する部材です。
また、その表面特性を生かして、各種樹脂の製膜用などにも使用されています。

  • カスタマイズ
  • 豊富なデータ
  • 一貫生産
  • 幅広い用途
  • 粘着剤保護
  • 剥離力コントロール
  • シリコーン系
  • 非シリコーン系

製品の基本構成

剥離紙

製品の基本構成:剥離紙の説明図

剥離フィルム

製品の基本構成:剥離フィルムの説明図

紙を基材とする剥離紙と、フィルムを基材とする剥離フィルムとがあります。
それぞれの表面には剥離剤がコーティングされています。一般的に、剥離紙には“目止め層”という、剥離剤が基材に染み込まないようにするバリア層を設けます。

剥離剤の分類(シリコーン系・非シリコーン系)

剥離紙・剥離フィルムにコーティングする剥離剤は、シリコーン系と非シリコーン系に大別されます。
電子部品業界をはじめ、さまざまな業界で非シリコーン系の剥離剤のニーズが増えてきています。

シリコーン系

一般的な粘着製品などに使用される剥離剤。剥離紙・剥離フィルム業界での、永年の経験に基づいた、豊富な種類の処方をラインアップしています。

非シリコーン系

シリコーンが悪影響を与えやすい電子機器用途などで主に使用。また、シリコーン系粘着剤に対応したフッ素系剥離剤などもあります。リンテックでは、軽剥離から重剥離まで、今後も広がる非シリコーン系剥離剤のニーズに幅広くお応えします。

お客様のニーズに応じた、さまざまな剥離剤の設計が可能です。

剥離紙・剥離フィルムの種類と特性

剥離紙用原紙から、剥離紙・剥離フィルム、そして粘着製品まで一貫生産を行うリンテックでは、そのトータル技術を生かして、お客様が求める剥離性能を実現しています。ここでは、代表的な構成と特性をご紹介します。

代表的な剥離紙の構成と特性

表は横にスライドして御覧いただけます。

タイプ 構成 特性
グラシンダイレクトタイプ 剥離剤:シリコーン系 耐熱性、光透過性
基材:グラシン紙
樹脂ラミネート目止めタイプ 剥離剤:シリコーン系 防水性、表面特性コントロール(注1)
目止め層:PE
基材:上質紙・クラフト紙
樹脂コート目止めタイプ 剥離剤:シリコーン系 耐熱性、寸法安定性
目止め層:PVA・クレー
基材:上質紙・クラフト紙

非シリコーンタイプ

剥離剤:非シリコーン系 シリコーン非移行、樹脂塗工性
目止め層
基材:上質紙・クラフト紙
カール抑制タイプ 剥離剤:シリコーン系 カール抑制、表面特性コントロール(注1)
目止め層:PE・PVA・クレー
基材:上質紙・クラフト紙
カール防止層:PE、樹脂コートなど
  • (注1)目止め層にPEを選択時、表面特性は、超ミラー、セミミラー、マットのラインアップからお選びいただけます。
  • (注2)各タイプとも剥離紙への印刷可能。このほかにも、さまざまな組み合わせをご提案いたします。

紙基材の種類と特性

原紙製造から行っているリンテックでは、剥離紙の用途や要求性能に合った剥離紙用原紙を選定し、製品をご提案しています。

表は横にスライドして御覧いただけます。

種類 特性
上質紙
  • クッション性が高い
  • 通気性が高い
グラシン紙
  • 緊度が高く、通気性が低い
  • 光透過性が高い
  • 耐溶剤性が良好(シリコーンのダイレクトコートが可能)
  • 平滑性が高い
クラフト紙
  • 強度が高い
  • 包装用に最適

代表的な剥離フィルムの種類と特性

表は横にスライドして御覧いただけます。

タイプ 構成 特性
シリコーンタイプ 剥離剤:シリコーン系 クリーン性
基材:PETなど

非シリコーンタイプ

剥離剤:非シリコーン系 クリーン性、シリコーン非移行、樹脂塗工性
基材:PETなど
アンカーコートタイプ 剥離剤:シリコーン系 クリーン性、帯電防止、剥離剤の密着向上など
アンカーコート層:帯電防止・密着向上剤など
基材:PETなど

(注)リンテックの剥離フィルムはクリーン環境下で製造されています。各タイプとも剥離フィルムへの印刷可能。このほかにも、さまざまな組み合わせをご提案いたします。

代表的なシリコーン系剥離剤の物性

表は横にスライドして御覧いただけます。

剥離処方名 剥離力(mN/50mm)(注1)
剥離速度:0.3m/min 剥離速度:30m/min
LT-H 66 270
LT 74 290
GS-H 83 390
GS 88 430
1030 87 400
1031 92 420
2070 108 480
1010 177 550
1031A 188 660
2010 196 570
2090 265 690
  • (注1)アクリル系2液粘着剤に対する剥離力(表面基材ピール、剥離角度180°)。剥離フィルムの上にアクリル系2液粘着剤を塗布し、100℃で2分間乾燥後、PET25μmを貼付。40℃で24時間(荷重: 40g/cm2)促進後の剥離力を測定。
  • (注2)記載の数値は代表値であり、保証値ではありません。

剥離速度と剥離力

シール・ラベルなどの粘着剤面と貼り合わせた剥離紙・剥離フィルムを、剥がす際に生じる抵抗を剥離力と呼びます。
その大きさの単位はニュートンメートル(N/m)などで表され、通常、180°テープピールの条件下で0.3m/minの低速剥離から100m/minの高速剥離までの範囲で測定します。

一般的に剥離力は速度に依存するといわれ、剥がすスピードが高速になるにつれて大きくなる傾向にあります。しかし、リンテックでは速度依存性の小さい処方など、豊富な剥離処方の中から製品を提案することができます。

剥離力(180°テープピール)の測定

剥離力(180°テープピール)の測定図
剥離力の説明図