経営方針

経営計画

2021年4月

当社グループは、2030年3月期を最終年度とする長期ビジョンおよびその実現に向けた最初の3か年の中期経営計画を策定し、2022年3月期からスタートしました。

当社グループが持続的な成長を遂げていくために、2030年のあるべき姿を明確なビジョンとして掲げ、その実現に向けたマイルストーンとして3か年ごとの中期経営計画を策定・推進していくこととしました。

事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献することを長期ビジョンの基本姿勢とし、サステナブルな視点で各重点テーマに対して積極的に取り組んでまいります。

長期ビジョン「LINTEC SUSTAINABILITY VISION 2030」(略称:LSV2030)・基本方針「イノベーションによる企業体質の強靭化と持続的成長に向けた新製品・新事業の創出を通じて、サステナブルな社会の実現に貢献する
長期ビジョンの実現に向けた中期経営計画(LSV 2030)の説明図

長期ビジョン「LSV 2030」 重点テーマ

表は横にスライドして御覧いただけます。

1.社会的課題の解決

  • (1) 環境…脱炭素社会・循環型社会の実現への貢献 など
  • (2) 社会 …人権の尊重、ステークホルダーへの情報開示とコミュニケーション強化 など
  • (3) ガバナンス…コーポレートガバナンスの強化、取締役会の実効性のさらなる向上 など
  • (4) 事業活動を通じたSDGs達成への貢献

2.イノベーションによる企業体質の強靭化

  • (1) DXによる設計・開発・製造・物流・業務プロセスの変革
  • (2) ビルド&スクラップによる省エネ、高品質、高効率、省人化を目的とした新規生産設備の導入
  • (3) 生産プロセス革新によるコスト競争力の強化
  • (4) 低成長・不採算事業の構造改革とグループ会社の経営健全化
  • (5) 強固な財務基盤の維持と資本効率の向上

3.持続的成長に向けた新製品・新事業の創出

  • (1) 技術革新による新製品・新事業の創出
  • (2) 戦略的投資の拡大と機動的M&A
  • (3) さらなるグローバルプレーヤーへの飛躍
  • (4) ローカリゼーションの確立

2030年3月期 財務指標

2030年3月期 財務指標 売上高営業利益率12%以上 ROE(自己資本当期純利益率)10%以上

中期経営計画 「LSV 2030 - Stage1」(2021年4月~2024年3月)

各事業セグメントの主な取り組み

表は横にスライドして御覧いただけます。

印刷材・産業工材関連

印刷・情報材事業部門

  • 米国やアジア地域など海外での生産拠点拡充と営業力強化
  • MACtacグループとのシナジー発現 など

産業工材事業部門

  • 国内外でのウインドーフィルムの拡販と高機能製品の拡充・展開
  • ラベリング技術をコアにした自動化システムの拡販 など
電子・光学関連

アドバンストマテリアルズ事業部門

  • 積極的な投資による半導体・電子部品関連製品のシェア拡大
  • 次世代デバイス製造プロセス用薄膜・高密度・多積層製品の開発 など

オプティカル材事業部門

  • 次世代ディスプレイ用粘着剤の開発
  • OCA(Optical Clear Adhesive)新製品の開発・拡販 など
洋紙・加工材関連

洋紙事業部門

  • 脱プラ・フードロス対応新製品の開発・拡販
  • 新製品の開発と市場展開 など

加工材事業部門

  • 剥離紙の無溶剤化と脱ポリ化の推進
  • エナメル調および車両向け合成皮革用工程紙の技術開発・拡販 など

2024年3月期(最終年度)経営目標

2024年3月期(最終年度)経営目標 売上高2,400億円 営業利益210億円 親会社株主に帰属する当期純利益140億円 売上高営業利益率8%以上 ROE(自己資本当期純利益率)7%以上