経営方針

トップメッセージ

株主・投資家の
皆様へ

次なる成長への足掛かりを築く年

2019年度を最終年度とする3か年の中期経営計画「LIP(LINTEC INNOVATION PLAN)-2019」は、残念ながら目標未達という結果に終わりました。本来であれば、それを踏まえてこの4月から新たな中期経営計画を開始するタイミングですが、これまでのように既存の事業展開の延長線上で3年間の経営計画を立てるやり方では、大きな未来を描くことはできません。そこで当社グループでは、まず長期ビジョンとして10年後のあるべき姿をしっかりと描き、その実現に向けたマイルストーンとして3か年ごとの中期経営計画を策定・推進していくこととしました。

今年度につきましては「次なる成長への足掛かりを築く年」と位置づけ、単年度計画の下、長期ビジョンと経営計画策定のための準備・検討を進めてまいります。持続的成長を遂げていくためには、やはりESGやSDGsへの取り組み強化を根幹に据えた企業経営が何よりも重要です。そして現在進めている収益構造の徹底した解析と、収益改善に向けた具体的施策の着手、さらには新たな事業の柱を構築するための積極的な新製品・新規技術の開発および量産技術の確立に向けて注力してまいります。

今後も世の中で真に求められているものをいち早く捉え、独自の発想と技術開発力をもって顧客ニーズに応えていくこと、そして事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献することで、企業価値の向上に努めてまいります。株主・投資家の皆様には、引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

2020年4月
代表取締役社長
服部 真