CSR

リンテックグループのCSR

リンテックでは、それぞれに推進担当役員を配した「環境委員会」「社会・ガバナンス委員会」「全社リスク委員会」「SDGs委員会」を設置し、全社での高い倫理観の育成とCSRの浸透を推進しています。推進担当となった役員は、各委員会で得られた知見を集合させ、多面的に内容を捉え、取締役会にて決議を行うことで、リンテックグループとしての判断につなげています。

本業を通じたCSRの実践

リンテックグループの事業は、多くのステークホルダーに支えられて成り立っています。ステークホルダーの期待に応え、信頼される企業であるために、社是「至誠と創造」を根幹に置き、社是を支える大切な価値観「LINTEC WAY」や「CSRの基本姿勢」「行動規範ガイドライン」にのっとり、全従業員がCSR活動を積極的に推進しています。
また、2021年4月からスタートした長期ビジョン「LINTEC SUSTAINABILITY VISION 2030」(略称:LSV2030)の実現のためには、グループ経営の強化が重要であり、グローバルでのCSR活動を継続的に進めています。リンテックグループでは、CSR活動の推進は経営に直結するものと考え、本業を通じたCSRを実践するため、マテリアリティを再特定しました。今後はマテリアリティの主要な評価指標(KPI)を定め、PDCAサイクルの実践による戦略的なCSR活動を推進していきます。

  • 主要な評価指標(KPI):Key Performance Indicator。目的に対する達成具合を定量的に計るために設定された組織の戦略に関わる重要な指標。