環境報告

環境マネジメント

「地球は一つ、大きな視野で快適環境に尽力しよう」をスローガンに、環境マネジメントシステムを構築・運用し、リスクをふまえて継続的改善を図り、多角的な取り組みを推進しています。

リンテックグループ品質・環境・事業継続方針

リンテックグループの、「リンテックグループ活動指針」にある「品質・環境・事業継続方針」にて「基本方針」を掲げています。具体的な活動を実践するために、「品質方針」、「環境方針」、「事業継続方針」を定め、それぞれに「行動指針」を示しています。
気候変動の緩和と適応については、環境方針の行動指針に基づき、研究部門では環境対応製品の開発、生産部門では大気排出VOC量の削減、廃棄物発生量の削減、エネルギー(電気・燃料)使用量の削減、CO2排出量の削減などに取り組んでいます。

  • VOC:Volatile Organic Compoundsの略称。大気中で気体状となる有機化合物の総称。

中期目標(2020年度~2022年度)と実績

2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により生産量が減少したためエネルギー使用量やCO2排出量は減少しましたが、効率の面では若干低下しました。
用水使用量は、多品種小ロット対応に伴う洗浄水使用量が増加したため目標未達となりましたが、品種替え時の用水再利用を検討し、引き続き削減に取り組んでいきます。廃棄物発生量は、歩留まり向上への改善と分別の徹底により、発生量削減を目指します。また廃棄物の有効活用を図り、最終処分率の改善を目指します。
2021年度は2030年度を最終年度とする長期ビジョンを構成する第1中期計画の初年度となります。事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献することを長期ビジョンの基本姿勢として、取り組んでいきます。

表は横にスライドして御覧いただけます。

項目 目標 2020年度実績
(前年度からの削減率)
CO2排出量 対前年度原単位で1%削減 4.9% <目標達成>
電力使用量 対前年度原単位で1%削減 0.6% <目標未達>
用水使用量 対前年度原単位で1%削減
(熊谷工場・三島工場の洋紙生産)
8.5%増加 <目標未達>
廃棄物発生量 対前年度発生量から0.1%削減 3.3%増加 <目標未達>

環境マネジメントシステム

リンテックグループは、「品質・環境・事業継続方針」に基づき、地球環境保全に積極的に取り組んでいます。ISO14001のグローバル統合では2020年度は更新審査を受け、審査登録証 issue14(発行番号14)を入手。国内12登録事業所、海外10登録事業所で、情報の共有化を進めています。第三者検証では、電力使用量、用水使用量、CO2排出量、廃棄物発生量および大気排出VOC量の検証を受け、修正すべき重要な事項はありませんでした。生物多様性の保全では、植樹活動や海岸などの清掃活動を継続して取り組んでいます。
海洋プラスチックごみの削減に向けて経済産業省が主導するCLOMAにも加盟し、一企業市民として環境配慮製品の提案と啓発にも取り組んでいます。

  • CLOMA:Clean Ocean Material Allianceの略称。

内部環境監査の実施

リンテックグループでは、環境マネジメントシステムを事業活動へ浸透させるため、サイト内部監査や相互監査を実施し、法令遵守やシステム運用に関し、PDCAのスパイラルアップを促進しています。
2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、国内相互監査は行えませんでした。その代わりに、各事業所から四半期毎に詳細報告をもらい、目標達成に向けた進捗管理を行いました。
外部・内部審査の指摘事項は、内容の詳細(発生状況・背景・指摘事項の本質)を確認し、水平展開することで、活動のレベルアップを進めています。
海外サイトは訪問のかわりに、Teamsによる会議を多く開催し、コミュニケーションを強化しました。

環境コンプライアンス

リンテックグループの国内・海外サイトでは、各国、各自治体の条例を含めた数多くの法令を遵守しています。各サイトでは環境管理部門が法令の改定状況のチェックや、サイト内の法令遵守状況をチェックしています。法令遵守の確認は、環境マネジメントシステムに取り込み、定期的に行うことで「確認もれ」「見落とし」を防止しています。なお、2013年度から2020年度までの過去8年間において、重大な法令違反はありませんでした。

  • 重大な法令違反:罰金等の処罰を受けるような違反。

生物多様性保全のための取り組み

リンテックグループでは、リンテックグループ品質・環境・事業継続方針に「生物多様性の保全」を掲げ、国内・海外サイトにおいて、生物多様性の保全活動に取り組んでいます。
国内工場の千葉工場では、「ヒメコマツ」を、また、龍野工場では、「アサノハカエデ」「ベニカナメ」など、地域の保全種リストに掲載されている植物の維持管理・観察を行っています。

ヒメコマツ
ヒメコマツ
アサノハカエデ
アサノハカエデ
ベニカナメ
ベニカナメ