印刷用ページ

ニュースリリース 植物由来の原料を粘着剤に利活用したバイオマス粘着剤使用ラベル素材の新アイテムより環境に配慮したエマルションタイプラベル素材の粘着剤層として「バイオマスマーク」の認定を取得 2019年05月23日

リンテックは、ラベル素材の粘着剤層として一般社団法人日本有機資源協会が運営する「バイオマスマーク」の認定を取得したラベル素材を全国展開しています。このたび、溶媒に有機溶剤を使用しない環境配慮型のエマルションタイプ粘着剤を採用した新アイテムをラインアップ。5月29日から販売を開始します。

190523_1_img01.jpg

各種商品の表示ラベルなどに使用可能

植物由来の原料を粘着剤に利活用したラベル素材の新アイテム

当社は環境負荷の低減に寄与する製品の開発・拡販に注力しており、その一環として植物由来の原料を利活用したバイオマス粘着剤使用ラベル素材の提案を推進しています。これまで、溶剤系の粘着剤を採用した4アイテムを展開してきましたが、今回新たに環境配慮型のエマルション系の粘着剤を採用した2アイテムをラインアップ。5月29日から販売を開始します。

より環境に配慮したエマルションタイプの粘着剤を採用

追加するのは、粘着剤の溶媒に有機溶剤を使用しないエマルションタイプのアイテムです。従来のバイオマスラベル素材と同様、一般社団法人日本有機資源協会が運営する「バイオマスマーク」の認定をラベル素材の粘着剤層として取得(認定番号:180102)。バイオマス度*10%を実現し、化石資源の保護や二酸化炭素の削減に貢献します。

表面基材は合成紙とグロス紙の2種類。日用品や食品といった各種商品の表示ラベルなど生産ロットが大きい分野や用途に適しています。

    • *バイオマス度:製品に含まれるバイオマス原料の含有率(乾燥重量割合)を示したものです

180710_1_img01.jpg

「バイオマスマーク」とは

一般社団法人日本有機資源協会が認定するマーク。再生可能な生物由来の有機資源であるバイオマス(bio:生物資源、mass:量)を利活用し、品質および基準、規格などを満たして生産している商品の目印となります。


製品概要

特徴

  • 植物由来の原料を粘着剤に利活用し、化石資源の保護や二酸化炭素の削減に貢献します。
  • 溶媒に有機溶剤を使用せず、より環境に配慮したエマルションタイプの粘着剤を採用しています。

  • ラベル素材の粘着剤層として一般社団法人日本有機資源協会が運営する「バイオマスマーク」の認定を取得。従来の機能性を損なわずにバイオマス度10%を実現しています。
  • 表面基材は合成紙とグロス紙の2種類。日用品や食品といった各種商品の表示ラベルなど生産ロットが大きい分野や用途に適しています。

仕様

品番

表面基材

粘着剤

剥離紙

BA6132-80

ポリプロピレン系合成紙

永久接着
エマルションタイプ
【バイオマス度10%】

グラシン紙

BA8532

グロス紙

主な用途

日用品、食品をはじめとする各種商品の表示ラベルなど

販売開始日

2019年5月29日


製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせは、入力フォームから送信いただくか、下記までご連絡ください。

フォームからのお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせ

リンテック株式会社 印刷・情報材事業部門
〒112-0004 東京都文京区後楽2-1-2

TEL. 03-3868-7734FAX. 03-3868-7740

ニュースリリースに関するお問い合わせ

リリース内容に関する報道関係のかたからのお問い合わせは、下記までご連絡ください。

電話・FAXでのお問い合わせ

リンテック株式会社 広報・IR室
〒173-0001 東京都板橋区本町23-23

TEL. 03-5248-7741FAX. 03-5248-7754