トップメッセージ | 株主・投資家情報 | リンテック株式会社

トップメッセージ

株主・投資家の皆様へ 代表取締役社長 社長執行役員 西尾弘之

2018年4月

中期経営計画「LIP-2019」2年目に当たり

2017年度を振り返りますと、世界的には景気回復基調が続き、国内でも企業収益の改善や個人消費に持ち直しの動きが見られました。当社グループにおきましては、好調な半導体・電子部品関連市場の需要増加に支えられたものの、事業環境としては厳しい部門もあり、決して順調な1年ではありませんでした。

そのような中、当社グループでは2019年度を最終年度とする3か年中期経営計画「LIP(LINTEC INNOVATION PLAN)-2019」の2年目となる今期を「イノベーションをさらに加速する年」と位置づけ、同計画の最終数値目標の達成に向けて諸施策を積極的に推進してまいります。

まずは、業績不振が続く一部海外グループ会社の立て直しに引き続き取り組むとともに、2016年末に買収した欧米3社との相乗効果の早期発現に注力してまいります。また、顧客第一主義を徹底し、研究開発部門と営業部門および生産部門とがさらに密に連携していくことで、お客様の期待に応える新製品の市場投入や、次世代を見据えた新素材開発のスピードアップに努めてまいります。

さらには、企業体質の強靭化に向けたコスト改革活動に継続的に取り組むほか、近年注目を浴びている国連の持続可能な開発目標、いわゆる“SDGs”を経営に組み入れ、事業活動を通じて積極的に社会的課題の解決に寄与していきたいと考えております。

急速に変化する市場環境の中で、当社グループが厳しい競争に勝ち残っていくためには、社員一人ひとりが危機感を持ってそれぞれの課題にスピーディーに取り組み、イノベーションにつなげていかなければなりません。今後もグループ全社一丸となって、お客様の期待に応える製品やサービスをタイムリーに提供し、さらなる成長を目指してまいります。

株主・投資家の皆様には、引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

関連メニュー