会社沿革

リンテックは1927年にガムテープの製造・販売を手掛ける不二商会として開業して以来、時代を先取りした技術や製品の開発によって、今日まで着実に進化を遂げてきました。その発展の歴史をご紹介します。

1920~40年代: 創生期

ガムテープの量産を国内で初めて開始

1927年4月、「不二商会」が東京・巣鴨で開業、ガムテープの製造を開始しました。ガムテープとは、クラフト紙に水溶性の接着剤をコーティングし、切手のように水をつけて貼るテープのこと。当時、木箱に代わって段ボールケースが普及するのに伴い、急速に需要が伸長しました。

これが、当社の粘着技術や精密薄膜塗工技術の原点です。拠点を板橋に移転した後の1934年には「不二紙工株式会社*」として本格的に事業を開始しました。

  • 1984年、「FSK株式会社」に商号変更。
創業当時

創業当時

旧本社工場

旧本社工場

ガムテープ

ガムテープ

1950~60年代: 事業基盤構築期

国内における事業基盤づくりを推進

戦後の復興需要にこたえるため、大阪、名古屋、札幌、仙台、福岡など国内主要都市への営業拠点づくりを推進。同時に、現在の主力生産拠点である龍野工場(当時は「関西工場」)など、新たな国内工場も相次いで開設されました。

1960年には、現在の主力製品であるシール・ラベル用粘着素材の生産・販売を開始。また、1962年には自動包装機(段ボール自動封函機)製造部門を設置し、「粘着素材+関連装置」という、今日にもつながる業界における独自のスタイルを構築しました。

大阪営業所

大阪営業所

蕨工場

蕨工場

関西工場

関西工場

1970~80年代: 成長事業参入期

相次いで新規事業分野に参入

1970年代に入ると、ラベリングマシンやラベル印刷機の開発・製造を開始。また、ガラスの安全性を高める建物用ウインドーフィルムや、看板・車体ストライプに使われる“貼るペイント”マーキングフィルムなど、粘着素材の新たな用途開発が進められました。

1986年には業界で初めて、紫外線(UV)の照射で粘着力をコントロールできるUV硬化型ダイシングテープを開発し、半導体関連分野にも参入しました。

ラベル印刷機「A-100型」

ラベル印刷機「A-100型」

マーキングフィルム

マーキングフィルム

UV硬化型ダイシングテープ

UV硬化型ダイシングテープ

1990年代: 第二次創生期

3社合併により「リンテック株式会社」に

1990年4月、四国製紙株式会社、創研化工株式会社と合併し、「リンテック株式会社」としてスタート。川上(剥離紙用原紙)から川下(粘着製品)に至る一貫生産体制が整うと同時に、特殊紙、剥離紙・剥離フィルムの分野にまで業容を拡大しました。

1991年には液晶用光学機能性フィルムの分野に参入。またこの時期、インドネシアとシンガポールに、今日の東南アジア事業の柱となっている現地生産拠点、販売拠点が相次いで設立されました。

カラー封筒用紙

カラー封筒用紙

液晶用光学機能性フィルム

液晶用光学機能性フィルム

PT. LINTEC INDONESIA

PT. LINTEC INDONESIA

2000年代~: 成長加速期

事業のグローバル化をさらに推進

中国・蘇州や韓国に新たな生産拠点を設立したのをはじめ、アジア地域を中心に生産・販売網の構築・拡大を急速に推し進めています。また国内でも、2008年に龍野工場の再構築を実施するなど、最新鋭設備の導入と高効率生産体制の構築に取り組んでいます。

リンテックグループは、創業以来培ってきた独自の粘着技術をベースに、時代のニーズを先取りした技術革新と新製品開発によって、これからもさらなる成長を続けていきます。

琳得科(蘇州)科技有限公司

琳得科(蘇州)科技有限公司

LINTEC KOREA, INC.

LINTEC KOREA, INC.

龍野工場 製品自動ラック

龍野工場 製品自動ラック