印刷用ページ

従業員とともに(安全防災)

リンテックグループで働く人々が安全な環境で安心して働けるように、さまざまな活動を行っています。

労働安全

労働安全衛生方針

安全向上に向けた職場診断のようす(龍野工場)

安全向上に向けた職場診断のようす(龍野工場)

リンテックグループは、2010年に「リンテック労働安全衛生方針」を制定し、OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)*に準拠して継続運用しています。全社的な活動としては安全相互監査や着火事故予防パトロールを、工場での活動としては年間安全衛生計画を策定し、安全活動のPDCAサイクルを回してレベルの向上を図っています。また、2018年4月には国内工場の安全担当者が集まり、安全大会を開催し、安全活動に関する情報交換も行いました。今後も無事故・無災害に向けて積極的に活動を推進していきます。

  • OSHMS:Occupational Safety and Health Management System(労働安全衛生マネジメントシステム)の略称。事業所における安全衛生水準の向上を図ることを目的とした、事業者の自主的なマネジメントシステム。

リンテック労働安全衛生方針

リンテック労働安全衛生マニュアルの概要

年間安全衛生計画

リンテックグループでは安全衛生活動の年間計画を策定し、PDCAサイクルを回すことで安全衛生を管理しています。2017年度は、安全相互監査・着火事故予防パトロール、トップパトロールを実施しました。各工場においても工場トップ、管理職、労働組合メンバーによるパトロールや、従業員による自主パトロールなどを行いました。また、全事業所や国内・海外グループ会社および役員へ災害速報、災害分析報告書および安全衛生委員会の議事録を配信することで情報を共有しています。

年間安全衛生計画に含まれる項目

  • 安全衛生委員会の開催
  • パトロール計画
  • 安全教育
  • 訓練計画
  • 点検・測定
  • 作業環境測定
  • 健康診断
  • 内部監査
  • マネジメントレビューなど

安全衛生委員会・衛生委員会

リンテックグループ国内外の工場では安全衛生委員会を、また本社、飯田橋オフィス、大阪支店では衛生委員会を毎月開催しています。委員会の議事録や災害速報などの情報は、日本語版と英語版で配信しており、グループ全体で情報を共有することで安全管理につなげています。

また、リンテックでは、全社安全大会を開催しており、2017年度は熊谷工場で第1回大会、2018年4月には龍野工場で第2回大会を開催しました。

今後も安全管理に関する情報交換を行いながら、PDCAを回して安全レベルの向上に取り組んでいきます。

  
職場の安全と衛生に関する委員会
委員会 対象 活動内容
安全衛生委員会 工場・研究所
  • 計画の実施
  • 災害の発生状況、安全教育実施状況、設備の点検結果、パトロール時の指摘・改善状況などの情報共有
衛生委員会 本社や営業部門がある事業所
  • 健康や安全運転、防災活動などについて協議
リンテック安全衛生マネジメントシステム組織図(本社・営業部門を除く)
リンテック安全衛生マネジメントシステム組織図(本社・営業部門を除く)

休業災害ゼロに向けて

2017年度は、通勤災害、挟まれ災害が各1件発生しましたが、前年度と比較して件数・休業日数とも減少しました。

休業災害の発生状況
年度 2015年度 2016年度 2017年度★
休業災害発生件数(件) 5 5 2
休業日数(日) 134 207 16
発生場所 協力会社 リンテック(株)
協力会社
リンテック(株)
協力会社

三島工場と熊谷工場で無災害150万時間達成

三島工場では、2017年12月26日に完全無災害時間150万時間を突破しました。熊谷工場は、2018年3月22日に完全無災害時間150万時間を突破しました。

 
2017年度 連続完全無災害達成時間の状況

(2017年4月1日~2018年3月31日)

達成年月 事業所 達成時間(時間)
2017年 12月26日 三島工場 150万時間
2018年 3月22日 熊谷工場 150万時間
3月31日 千葉工場 1年間無災害
3月31日 熊谷工場 1年間無災害
3月31日 研究所 1年間無災害
3月31日 新宮事業所(新居浜含む) 1年間無災害
3月31日 三島工場 1年間無災害
3月31日 東京リンテック加工(株) 1年間無災害

定期安全協議会の開催(熊谷工場)

熊谷工場での安全協議会

熊谷工場での安全協議会

熊谷工場では構内工事における工事協力会社の災害防止を目的に、年3回の定期安全協議会を開催しています。工事ごとの安全に関する事前打ち合わせとは別に、4、7、12月に社内外から180人ほどの参加者が集まり(1)安全作業ルールの徹底、(2)他社災害情報の共有、(3)現場の不安全情報など安全に関する幅広い意見交換を行います。この協議会を通じて、ルールの周知徹底、現場の改善を行い、安全のレベルアップにつなげています。参加くださった全ての会社には安全誓約書を提出していただき、構内作業における安全作業の徹底をお願いしています。

2017年度 工事に関する安全協議会
事業所名 実施日 実施内容 参加者数(人)
熊谷工場 年3回 安全教育 205
小松島工場 年4回 41
三島工場・土居加工工場 年2回 88
新宮事業所 年1回 40
374

各生産拠点でトップパトロールを実施

吾妻工場のクリーンルーム内を視察

吾妻工場のクリーンルーム内を視察

「安全第一」を掛け声に、国内外の生産拠点・研究所において西尾社長によるトップパトロールを行っています。生産現場で作業する多くの従業員に声を掛けながら、安全作業の励行や作業現場の5S実施状況を視察しました。各拠点ではトップパトロールでの指摘に対する改善を施すとともに、安全で働きやすい作業環境を整備しています。