印刷用ページ

コンプライアンス

吾妻工場でのCSR勉強会

吾妻工場でのCSR勉強会

リンテックグループでは社是「至誠と創造」に基づき、従業員一人ひとりが自らを厳しく律するよう努めています。2017年2月には、役員と管理職を対象にコンプライアンスアンケート調査を実施しました(回答率2017年87.7%★、2016年82.6%、2015年79.1%)。また、イントラネット上に「コンプライアンスに関する自己チェックシート」と「コンプライアンス研修資料」を掲出しており、全ての従業員がこれらの資料を活用し、自らの行動の確認や所属組織でのコンプライアンス教育を実施しています。

人権・労働に関するグローバル調査

リンテックグループでは2017年2~3月に、グループ全社を対象とした、人権および労働に関する実態調査を実施しました★。調査により、各国・各地域での法令遵守はもちろん、リンテックグループの行動規範が理解され、基本的人権が尊重された安全で健康な労働環境が確保されていることを確認しました。今後も年1回定期的に調査を行い、実態把握とその改善に活用していきます。

独占禁止法の遵守/汚職、贈収賄の防止

リンテックグループでは、独占禁止法の遵守と、汚職、贈収賄の防止を徹底しています。従業員が携帯する冊子「行動規範ガイドライン」にもその旨記載し、意識啓発を行っています。

法務関連情報の発信

リンテックグループでは、2016年2月から2017年2月にかけて、リーガルニュースを発行し、従業員への法務関連情報の発信を行いました。

  • No.8 「日本の企業が外国の法律で裁かれる ! ? ~外国の法律の域外適用について」
  • No.9 「注目すべき労働法制-1 『女性活躍推進法』の制定」
  • No.10 「注目すべき労働法制-2 『障害者雇用促進法』の改正」
  • No.11 「注目すべき労働法制-3 『労働者派遣法』の改正」
  • No.12 「注目すべき労働法制-4 『介護保険法』の改正」
  • No.13 「契約管理」
  • No.14 「営業秘密管理」
  • No.15 「印紙税」
  • No.16 「瑕疵担保責任」
  • No.17 「製造物責任とPL法」

行動規範ガイドラインによる意識啓発

行動規範ガイドラインの見直し

リンテックグループでは、従業員の行動規範を記載する小冊子「行動規範ガイドライン」を発行し、一人ひとりの意識啓発に努めています。海外の従業員も同じ意識で行動できるよう、「行動規範ガイドライン」は7言語に翻訳されています。2014年4月には内容を見直し、これを活用して2016年度は国内生産拠点でCSR勉強会を開催しました(10拠点、1,243人参加)。

リンテックグループ行動規範

りんりかわら版による倫理感の醸成

りんりかわら版による倫理感の醸成

2006年度よりスタートした「りんりかわら版」は、従業員に求められる倫理観や行動規範を解説つきの川柳にし、イントラネットを通じ分かりやすく浸透を図る取り組みです。これらの川柳を小冊子「りんりかわら版 守ってマスカ!?」にまとめ、行動規範の遵守および倫理感の醸成に役立てるとともに、お客様やお取引先にも紹介しています。2017年3月発行のvol.10では、「至誠と前を向く」をテーマに、10年前と現在の変化など10冊目刊行記念企画を掲載しています。