仕事紹介
入社動機
就職活動の際は、学生時代に研究していた半導体関連の仕事を目指していました。反面、それとは直接関係のない機械分野もやってみたいという気持ちもありました。そんな自分にリンテックの環境はぴったりでした。技術的なテーマの一致はもちろんですが、実際に見学してみて、現場の雰囲気がよかったというのも決め手になりました。

青木 陽太
伊奈テクノロジーセンター 開発部 開発推進課
2005年入社
工学研究科
電気・電子工学専攻 卒業

装置開発
さまざまな専門家とのコラボレーションにより、あらゆる見地からラミネーターを評価する

現在の仕事

ニーズにこたえるラミネーターづくりを支える

ラミネーターという装置の評価を担当しています。ラミネーターとは、半導体製造の後工程、研削の際に使う、ウェハの表面を保護するBGテープや、ウェハをICチップにカットする際、それを保持する役目を果たすダイシングテープなどを回路に貼りつける装置のこと。私は、すでにある装置の不具合を解決するための業務や新規装置の設計、ソフトなどの問題を解決し、次の新しい機構に変えていく業務、そして最後にサンプルをつくる業務を行っています。

一つの装置をつくるためには、製造、設計、ソフトウエア、電気の専門スタッフと、評価を担当する私たちがチームを組んで開発を進めていきます。それぞれの工程で不具合が生じた場合、私たちが原因を調査し、機械を構築するうえで必要なデータを収集。改善すべき点を、各担当者にフィードバックしていきます。例えば、装置の組み立てが想定どおりに進まない場合には、設計を再度検討するよう担当者に依頼。また、試運転の際にテンション(張力)のコントロール機能がうまく作動しなければ、ソフトの問題を指摘するなど、工程全体を見渡し、装置がスムーズに作動するための方法を考えています。

仕事エピソード

装置全体を組み替え、動作スピードの目標値をクリア

思い出深いのは、動作が想定よりも遅くなってしまったラミネーターを改造したことです。その装置は、動作スピードがテープをウェハにラミネートするために必要な速度の1/2しかありませんでした。そこで、なぜ遅くなるのかを検証するために、装置、動作の順番すべてを洗い出し、必要な工程は全部オーバーラップする形で組み変えました。何度もストップウォッチで計測し、1時間当たりに何枚処理できるかを検討。部分的に速くできても新たなトラブルの原因にもなりますから、全体の整合を取りながら改造を重ね、最終的には目標値を達成することができました。

この経験で、リンテックでは仕事を思いっ切りやれる、ということを実感しました。やり方も自分で一から考えることができるのと同時に、一人で悩むのではなくあらゆる専門家とコラボレーションしながらつくり込んでいけたからこそ、課題も乗り超えられたと思います。

リンテックのエンジニアの特徴は、最先端の情報を収集し、社内にフィードバックしながら、新しいスタンダードに日々挑戦することができること。異分野のアイデアを凝縮し、お客様のニーズを実現する最先端の装置をつくる。つまり、今までにない次世代の装置を自らの手でつくることも不可能ではない、と感じています。

登場社員一覧へ戻る
リンテック株式会社