仕事紹介
入社動機
大学時代は化学を専攻し、特に液体中のイオンを分析・定量するための試薬を研究していました。就職活動にあたっては、勉強した内容を生かすとともに、お客様と直接やりとりができるような仕事に就きたいと考え、メーカーを中心に企業研究を開始。その中で、自分の希望にぴったり合ったのが、粘着素材や特殊紙などを幅広く製造しているリンテックでした。

大川原 徹
吾妻工場 製造技術部 生産技術課
1998年入社
文理学部 化学科卒業

生産技術
工場全体を見渡し、高品質かつ適正なコストの製品をつくりあげる

現在の仕事

製品をスムーズに生産するため、工程改善を提案する

入社以来、熊谷工場、マレーシア工場、吾妻工場と勤務地は変わっていますが、一貫して生産技術を担当しています。生産技術を簡単に説明すると、ものづくりをスムーズに行うため、製造に関するさまざまな案件を管理・改善する仕事です。現在所属する吾妻工場では、電子部品製造用のコートフィルム約20種類を担当。お客様である電子材料メーカーの要望を満たす製品をつくるため、あらゆる施策を行っています。

具体的な仕事には、まず新製品の立ち上げがあります。これは、新たに開発された製品を工場で量産するための業務で、研究所から処方される原材料や使用機材の仕様に従って試作・検証を行い、工程を決定して実際の製造ラインに乗せていきます。無事に製造がスタートしたら、次はいかに生産性向上やコスト削減を図るか、あるいはお客様からの品質改善要望をいかに満たすかといった検討を行います。製造工程のどこを改善するべきなのか現場の意見を取り入れながら検討したり、場合によっては新しい管理システムなどの導入を提案します。また、製品に対するクレームの原因・対策方法の調査や、製造にあたっての基準書・要領書といった文書の整備なども私の仕事の一つ。業務が多岐にわたるため、優先順位を常に考えながら動くことを心掛けています。

この仕事の魅力は、生産管理や製造、設備技術といった他部署との連携を取りつつも、自分の提案をものづくりに反映し、結果を出せるところでしょうか。もちろん、かかわる人が多いだけに難しい点が多く責任も大きいですが、工場運営の一端を担えていることにやりがいを感じています。今後は、コスト試算等を含めた生産管理の勉強も行い、工場全体を管理・運営する仕事をしてみたいですね。

仕事エピソード

マレーシア新工場の立ち上げから運営に関わるすべてを経験

入社3年目から約7年間、マレーシアに駐在し、新工場の立ち上げと運営にかかわりました。この工場は、主に日系電子材料メーカーがアジアに所有する工場に電子部品製造用コートフィルムを供給するために新設されたもの。私は、技術と品質保証部門をまとめるテクニカルアドバイザーとして、工場が完成する3〜4か月前に現地入りをしました。

私がまず行ったのは、生産システムの構築でした。工場では、原材料が納入され製品になるまでのコスト・品質などを管理するため、ものの使用状況や加工の進捗状況を記録し残しておくことが必要です。そのためのコンピュータシステムの仕様を検討し、開発をソフトメーカーに依頼、完成させていきました。工場ができると今度は、新しい製造設備を用い、スタッフとともに試運転を開始。その後工場が本格的に稼働すると、コスト削減、生産性向上の検討、そしてISO取得にもかかわりました。工場ラインにかかわるすべての業務を行い、またそれが軌道に乗るのを肌で感じることで、大きな自信をつけることができました。

また印象深いのは、言葉も環境も異なる環境下で、自分の思っていることをいかに現地スタッフに伝えるか苦労したことです。コミュニケーションは英語で行うのですが、赴任した当時、私は英語が全く話せない状態。そこで最初は、ひたすら絵をかいて見せる、という方法で自分の意思を伝えました。絵がうまくなり始めた半年後には、徐々に英語でも意思の疎通を図ることができるようになり、この時は本当にうれしかったですね。現地スタッフや異文化に触れることで、自分自身のものの見方、考え方が広がった素晴らしい経験でした。

最後に学生の皆さんへ。リンテックは、扱う製品群が多く、お客様も非常に幅広い会社です。自分が知らない世界や知識を身に着けながらものづくりを行っていく面白さがここにはあります。一生は一回きり、楽しく生きるも、つまらなくするのも自分次第(!?)ですから、ぜひリンテックも視野に入れながら、自分に合った会社、働きがいのある職場を見付けてください。

登場社員一覧へ戻る
リンテック株式会社