特殊機能紙特殊機能紙pick upお問い合わせ

自己消火する紙

“自己消火する”紙 紙の常識を超えたセラフォーム

水酸化アルミ二ウムを混抄することで自己消火性を持たせ、炎が燃え広がることを抑えた紙です。

「セラフォーム」 実験動画

もっと知りたい!「セラフォーム」について

どういう機能を持つ紙ですか?

火をつけても黒く焦げる(炭化する)だけで、炎が燃え広がりにくいという「自己消火機能」を持つ紙です。

なぜ燃えにくいのですか?

火をつけると、主素材である水酸化アルミニウムから結晶水が分離して熱を奪い、自己消火するという仕組みになっているからです。

どういう用途や場所で使用される紙ですか?

壁紙用裏打ち紙として多く使用されています。壁紙の下にある不燃ボードに貼り付けます。また、ハニカム構造に加工して、ドアや天井の内側などの芯材としても使用されており、軽量でありながら強度が高いといった特徴もあります。

高層ビルや公共施設の壁紙をはじめ、防火上の安全が特に問われる場所に多く使用されています。

製品に関するお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせ

リンテック株式会社 洋紙事業部門
〒112-0004 東京都文京区後楽2-1-2

TEL. 03-3868-7720FAX. 03-3868-7728