可変情報印字用ラベル素材電子写真方式対応 LN/FNシリーズお問い合わせ

電子写真方式の仕組み

電子写真方式とは

ドラムにトナーを静電接着させ、出力素材に転写させる方式で、半導体レーザーを用いるレーザービーム方式、記録用電極からの放電により画像を形成するエレクトロンビーム方式などがあります。

レーザービームプリンタの進化

かつてはOA環境で文書データなどを出力するために、モノクロ出力を行うレーザービームプリンタが多く使用されていましたが、近年その役割は大きく飛躍しつつあります。高品質・高速出力が可能なうえ、ランニングコストが低価で、大量発行に適しているというメリットがある反面、従来の機種は非常に高価で、設置スペースを要するというデメリットもありました。

しかし最近では、カラー対応に加え、OA環境だけでなくパーソナルユースでも利用可能な価格帯の機種も登場するなど、急速に低価格化が進んできています。また設置スペースの面でも、大量発行という性質上やむを得ない給排紙部を除いては、コンパクトになってきています。その高速性、高画質性などを生かして、中・小ロットでの各種表示用ラベルの出力や、バーコードなどの可変情報印字といった新たな用途も広がってきています。インクジェットプリンタ同様、大手メーカー各社は引き続き積極的に製品開発を進めており、さらなる低価格化、小型化が期待できるといえます。

ページ上部へ

レーザービーム方式

レーザービーム方式
  1. 1.半導体レーザーを使用した光源を感光ドラムに照射し、帯電した感光ドラム上に画像を形成する。
  2. 2.静電気により、感光ドラムからサプライにトナーを静電接着させる。
  3. 3.加熱された定着ローラーあるいは光により、トナーをサプライに定着させる。

ページ上部へ

エレクトロンビーム方式

エレクトロンビーム方式
  1. 1.記録用電極(帯電器)からの放電により、誘電ドラムに電荷されて画像が描かれる。
  2. 2.トナーを静電気によって引き付けたトナーロールから誘電ドラムの電荷されている場所に、トナーが転写される。
  3. 3.誘電ドラムからサプライにトナーがさらに転写され、加圧ローラーの圧により定着される。

ページ上部へ

LVIP ラインアップ

製品に関するお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせ

リンテック株式会社 印刷・情報材事業部門
〒112-0004 東京都文京区後楽2-1-2

TEL. 03-3868-7734FAX. 03-3868-7740