建物用ウインドーフィルム多彩な機能のご提案お問い合わせ

防犯対策

近年、住宅などへの侵入犯罪はますます深刻化してきており、またその手口も次第に悪質で多様なものとなりつつあります。

防犯対策に最適な、透明飛散防止タイプのルミクール1561UHは、ガラス全面に施工することでガラス開口部の破壊・貫通を大幅に遅らせ、建物の防犯対策に大きく貢献します。

参考データ

  • 空き巣狙い侵入手段
空き巣狙い侵入手段

警視庁ホームページ「安全な暮らし」

  • 侵入をあきらめる時間
侵入をあきらめる時間

(財)都市防犯研究センター(JUSRIリポート)

ルミクール1561UHの性能

ルミクール1561UHは、独自の塗工・貼合技術により高透明PETフィルムを積層した3層構造(フィルム厚395µm、総厚425µm)を採用。従来のガラス飛散防止対策フィルム(フィルム厚50µm、総厚80µm)と同等の透明性を保ちつつ、6倍以上の引張強さを実現しました。

こじ破りを想定したクレセント破壊試験(社内評価)

試験条件

カギ付きクレセント部分と補助錠を想定した箇所の「こじ破り」のトータル時間を測定

  • 使用道具

    ドライバー、カッター

結果 実験では、破壊、進入するまで5分以上の時間を要しました。

打ち破りを想定した連続落球試験

試験条件

  • 実験方法

    EN356に準拠

  • 使用鋼球

    直径:100mm、重さ:約4.11kg

  • 落下方法

    中心付近に一辺130mmの正三角形の頂点に鋼球を落下させる

  • 試験体大きさ

    900mm×1100mm

性能ランク
分類 鋼球落下高さ(mm) 加速回数 1回 2回 3回
P1A 1,500 正三角形各頂点に1回ずつ計3回
P2A 3,000 正三角形各頂点に1回ずつ計3回
  • フィルム貼付方法はサッシの、のみこみとする。
結果 1500mm、3000mmの高さから連続3回させても貫通は見られませんでした。

構成およびデータ

物性データ ルミクール
1561UH
従来品
フィルム厚 (µm) 395 50
総厚(粘着剤層含む) (µm) 425 80
引張強さ (N/25mm) 1,600 240
伸び (%) 120 120

ルミクール1561UHの特徴

  • 強靭性

    引張強さが従来の一般的なガラス飛散防止対策フィルムの6倍以上と非常に強靭で、耐貫通性の高いウインドーフィルムです。

  • 透明性

    多積層フィルムでありながら、にごりがなく、可視光線透過率は88%と高い透明性を実現。窓ガラスなどに施工しても違和感がありません。

  • UVカット効果/ガラス飛散防止効果

    従来の当社ウインドーフィルムと同様、紫外線を99%以上カット。ガラス破損時に破片の飛散・落下を防止する機能も優れています。

ルミクール1561UHは、「防犯性能の高い建物部品目録」に型番登載されています。

ルミクール1561UHが、警察庁および関連省庁と建物部品関連の民間団体から成る「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」が公表している「防犯性能の高い建物部品目録」に型番登載されている製品です。

関連リンク

製品に関するお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせ

リンテック株式会社 産業工材事業部門 ウインドーフィルム営業部
〒112-0004 東京都文京区後楽2-1-2

TEL. 03-3868-7733FAX. 03-3868-7755