LNT68_最終_0901all
4/16

リンテックのエレクトロニクス関連事業出所:WSTS(世界半導体市場統計) 記憶や演算などをつかさどる電子部品であり、多くの機器に搭載されている半導体チップ。当社ではその製造・実装に欠かせない各種粘着テープや装置を開発・提供しています。今号ではこれら半導体関連製品を中心に、当社グループの業績をけん引するエレクトロニクス関連事業についてご紹介します。 スマートフォンを操作して、外出先からエアコンのスイッチを入れたり切ったりできる。あるいは、バスの運行状況をリアルタイムで検索できる。これらはインターネットの活用により実現したサービスの一例です。このような、世の中のあらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」が広がりつつあります。また、囲碁や将棋のプロ棋士に勝利したことで話題となった「AI(人工知能)」は、将来的には乗用車の自動運転など、さまざまな分野での活用が期待されています。さらに、スマートフォンの一層の普及や高機能化に加え、膨大な量のデータを収集・解析して有効利用しようというビッグデータの活用といった社会の流れもあり、電子機器や家電製品、自動車、サーバなどに使用される半導体チップの数が急増しています。 技術革新のスピードが早い半導体市場に おいては、これまで“シリコンサイクル”と呼ばれる景気循環の波があり、約4年周期で好況と不況を繰り返すといわれてきました。しかし、昨今の社会環境の変化により、このサイクルを脱却して“スーパーサイクル”に突入するともいわれており、今後も安定的に需要が増えると予測されています。市場環境億米ドル世界の半導体市場予測01,0002,0003,0004,0002018(予想)2017(予想)201620152014201320122011スペシャルレポート4

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る