LNT68_最終_0901all
3/16

株主・投資家の皆様へ西にし尾お 弘ひろ之ゆき代表取締役社長社長執行役員 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 2018年3月期第1四半期連結累計期間における世界経済は、米国では堅調な個人消費を背景に景気拡大基調が持続し、欧州においても緩やかながら景気回復が続きました。中国では各種政策効果もあり景気回復の兆しが見られました。一方、我が国においては、好調な外需に支えられ企業収益が改善したことに加え、個人消費も緩やかに持ち直すなど、総じて堅調に推移しました。このような経営環境の中、当第1四半期連結累計期間の業績は上記のとおりとなりました。 当社では、2019年度を最終年度とする新 たな3か年の中期経営計画「LIP(LINTEC INNOVATION PLAN)-2019」を今年4月からスタートさせました。当第1四半期連結会計期間においては、重点テーマの中で掲げているグループ会社の健全化に向けた施策として、業績不振が続いていた米国のマディコ社における抜本的な経営合理化の実施を決定しました。今後も、「LIP-2019」の各施策に迅速に取り組み、全社一丸となって目標達成を目指してまいります。 株主・投資家の皆様には、引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 2018年3月期第1四半期連結累計期間(前年同期比)売上高60,705百万円(25.4%増)営業利益  4,960百万円(33.3%増)経常利益  4,798百万円(70.3%増)親会社株主に帰属する四半期純利益  2,715百万円(28.6%増)売上高2,500億円(21.4%増)営業利益200億円(20.5%増)経常利益195億円(24.3%増)親会社株主に帰属する 当期純利益135億円(17.9%増) 2018年3月期 連結業績予想 (前年同期比)売上高2,700億円営業利益  250億円売上高営業利益率  9%以上ROE(自己資本利益率)  9%以上 「LIP-2019」 主要数値目標 (2020年3月期)3

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る