当社の強み

粘着製品の一貫生産体制という独自性

当社は、剥離紙用原紙の生産から剥離剤塗工、表面基材のコーティング加工、そして粘着剤塗工・貼合まで、さまざまな技術を自社で確立し、粘着製品の一貫生産体制を実現しています。

粘着紙・粘着フィルムの生産工程図とリンテックの技術。抄紙、表面コート剤開発・塗工、剥離剤開発・塗工、粘着剤開発・塗工・貼り合わせ。

粘着製品用の剥離紙・剥離フィルムを自社内で生産・調達でき、コスト・納期面での優位性を確保できることはもちろん、より“川上”からの各プロセス技術を組み合わせることで、実に多彩な粘着製品を生み出しています。また、“川下”の粘着製品の増産が、抄紙機や剥離塗工設備の稼働率を高め、特殊紙・剥離材事業全体のコスト優位性を創出するという相乗効果もあります。

一つの業界の市況に左右されにくい強み

リンテックの多彩な製品の中でも、半導体関連、電子部品関連、液晶関連などの製品は、市場の急速な拡大を背景に近年の当社の業績を牽引してきました。一方、食品や日用品、医薬品、文具、家電製品に使われる主力のシール・ラベル用粘着素材などは、売り上げ・利益の振れ幅が比較的小さく、業績を下支えする基盤事業といえます。

成長事業から基盤事業まで、さまざまな製品を生産し、特定の産業界に依存することなく、販売先が幅広い業界に及んでいることが、当社の事業構造の特徴であり、一つの業界の市況に左右されることなく安定的な収益を確保できるという当社の強みとなっています。