リンテックのルーツ

1927年、開業。ガムテープの製造を開始

ガムテープ

リンテックの前身、「不二商会」は1927年4月、東京・巣鴨で開業し、ガムテープの製造を国内で初めて開始しました。ガムテープとは、クラフト紙に水溶性の接着剤をコーティングし、切手のように水をつけて貼るテープのこと。当時、木箱に代わって段ボールケースが普及するのに伴い、急速に需要が伸長しました。これが、当社の粘着技術や精密薄膜塗工技術の原点です。

本社工場を東京・板橋に移した後、1934年に「不二紙工株式会社*」として本格的に事業を開始。その後、国内生産・販売拠点を拡充しつつ、現在の主力製品であるシール・ラベル用の粘着紙・粘着フィルムや、建装材・自動車関連、半導体関連などの分野へと事業を展開してきました。

  • 1984年に「FSK株式会社」に商号変更。

1990年、3社合併。「リンテック株式会社」に

1990年、四国製紙株式会社、創研化工株式会社と3社合併し、「リンテック株式会社」として新たなスタートを切りました。これにより、特殊紙、剥離紙・剥離フィルムの分野にまで業容を拡大し、川上(剥離紙用原紙)から川下(粘着製品)に至る一貫生産体制が整いました。

リンケージ(結合)+テクノロジー=「リンテック」。その社名には、人と人、技術と技術の融合によって新たな事業領域を切り開き、世界を舞台に飛躍していこうという全社員の決意が込められています。リンテックは今も、独自の技術力を生かして、より差別化された独自性の高い製品の開発に注力するとともに、事業のグローバル化を積極的に推進しています。

会社沿革

  • 会社情報ページ内に移動します。