印刷用ページ

ディスクロージャーポリシー

1.情報開示の基準

当社では、会社法・証券取引法など関連諸法令および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」といいます)を遵守した情報開示を行っております。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、株主・投資家や証券アナリストの皆様にとって有用と思われる情報につきましてはできる限り積極的な開示に努めてまいります。

2.適時開示体制の概要

  1. (1)経営情報(決定事実・発生事実・業績修正など)

    当社は、社長以下、経営企画室および各部門の担当役員で構成される経営会議を定期的に開催しております。また、必要に応じて随時開催しております。
    社内に係る経営情報および当社グループ関係会社に係る経営情報は、すべて経営会議において経営企画室および各部門の担当役員から報告され、開示される重要情報、有用情報はこの経営会議にて決定されております。
    この決定に基づき、管理本部経理部が開示内容の取りまとめ、資料の作成、取締役会への報告を行い、取締役会での承認後、情報開示を行っております。

    経営情報(決定事実・発生事実・業績修正など)
  2. (2)決算情報

    当社および当社グループ関係会社の決算情報は、すべて管理本部経理部へ集約されており、この情報に基づいて決算処理、決算情報の開示資料作成を行っております。
    開示すべき決算情報は、管理本部経理部から取締役会において報告を行い、承認後、情報開示を行っております。

    決算情報
  3. (3)その他

    当社は、株主・投資家などすべてのステークホルダーに対し、開示情報を適切かつ公正に伝達する手段として、広報・IR室がホームページへの掲載、説明会の開催、IR誌の発行などを行っております。

3.情報開示の方法

東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する情報につきましては、同規則に従い、同取引所の提供する「TDnet」にて公開しております。公開後、速やかに当社ホームページ上にも同一資料を掲載しております。また、適時規則に該当しない情報を開示する場合にも、当社ホームページなどを通じてできる限り公平かつ広範に情報が伝達されるよう配慮いたします。

4.沈黙期間

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算発表日の約1か月前から決算発表日までを沈黙期間とし、この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、業績見通しとすでに開示した予想とが大きく乖離する場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

5.その他

本ウェブサイトに掲載されている当社の業績等に関する情報のご利用に当たりましては、本ディスクロージャーポリシーのみでなく、免責事項の記載内容も併せてご確認ください。