• ホーム
  • CSR
  • 特集2 地域に根ざした社会貢献活動

印刷用ページ

特集2 企業市民として地元の期待に応える
地域に根ざした社会貢献活動

リンテックグループは、地域や社会に支えられる企業として、社会が抱えるさまざまな課題に対する地道な活動を続けています。本特集では、リンテック本社がある板橋区において継続的に実施している障がい者支援活動をご紹介します。

【リンテック】 板橋区や地元ボランティア団体と連携し手づくりでイベントを開催

社会貢献委員会 委員長 人事部 副部長 尾藤 明彦

社会貢献委員会 委員長
人事部 副部長
尾藤 明彦

地域や社会からの理解なくして、企業が事業活動を継続することはできません。リンテックグループのCSRは、地域の方々の声に真摯に耳を傾け、その期待に応える取り組みを行っています。

リンテックグループの社会貢献活動のテーマは、「身の丈に合った活動」「継続可能な活動」「地域密着型の活動」の三つ。例えばリンテックでは、これらのテーマに沿い、「リンテックふれあいコンサート」を開催しています。“音楽を通じて皆さんとつながる”を目的に、本社のある板橋区にお住まいの障がい者と介助者、近隣町内会の方やリンテック従業員、その家族などが参加する音楽イベントで、2010年から始まりました。

「開催当初から“手づくりのイベント”にこだわりました」と、社会貢献委員会の委員長を務め、本イベントの企画に携わった尾藤明彦(以下、尾藤)は言う。

「板橋区との共催により、当社従業員の手で会場準備やプログラム企画、告知活動などを行っています。コンサートもジャズバンドに当社社員が所属していたり、板橋区ダウン症児親の会『ほほえみの会』の会員の子供たちに、手話ダンスやハンドベル演奏を行っていただくなど、演奏者と観客が一体となって音楽を楽しめるイベントになるように心掛けています」(尾藤)

障がいを抱えた方やそのご家族が、音楽イベントに参加するには数多くのハードルがあります。実際、これまでの参加者の中にも、初めてコンサートに参加されたという方が数多くいらっしゃいました。

「来場者の方々に楽しんでいただくため、開催のたびに試行錯誤しています。しかし、演奏に合わせてうれしそうにリズムを取る子供たちの笑顔を見ると、苦労も吹き飛びますね」と尾藤は語る。

また、コンサートを通して、さまざまな立場・状況の方と直接触れ合うことは、多様性(ダイバーシティー)*への理解を深めるうえでも貴重な経験となっています。

  • 多様性(ダイバーシティー):人や集団間に存在する多様な個性のこと。

ページ上部へ

【リンテック】 グローバルに広がる“地元”の皆様の期待に応えるために

社会貢献委員会メンバー

社会貢献委員会メンバー

ふれあいコンサートは、リンテックグループのボランティア活動の一例に過ぎません。日本、そして世界の事業拠点では、地域催事の支援や美化・清掃活動など地域に根ざしたさまざまな活動を展開しています。

これからもリンテックグループは、地域密着のポリシーを持ち続けながらグローバルなCSR活動を推進し、世界各地の“地元”の方々の期待にお応えできるよう尽力していきます。

ページ上部へ

【参加者】 障がい児を持つ家族にとって、とても心強さを感じるイベントです

参加者 井出 多映さん(母) 井出 詩乃さん(娘)

参加者
井出 多映さん(母)
井出 詩乃さん(娘)

2013年秋のふれあいコンサートに親子で参加しました。こうした音楽イベントに娘と一緒に参加したのは初めての経験です。ジャズということで大人向けかとも思いましたが、アニメの主題歌なども演奏してくださり、私も娘もとても楽しむことができました。また、大勢の観客の前でハンドベル演奏や手話ダンスを披露し、誇らしそうな娘の姿を見ることができ、母親として大変うれしく思いました。ふれあいコンサートのように、企業側から率先して活動を行ってくださることは、障がい児を持つ家族にとって、とても心強さを感じます。今後もぜひ継続して開催いただきたいと願っています。

ページ上部へ

【ボランティア団体】 障がいの有無を超えたコミュニケーションが相互理解の良い機会となっています

「ほほえみの会」(板橋区ダウン症児親の会) 代表 齊藤 明子さん

「ほほえみの会」
(板橋区ダウン症児親の会)
代表
齊藤 明子さん

私たち「ほほえみの会」は、ダウン症児や障がい者、その保護者を中心とした団体で、2010年の開催当初からふれあいコンサートにお招きいただいています。生の演奏を観賞できることはもちろん、リンテックの社員やそのご家族、近隣の方などとコミュニケーションを図ることができるという面でも、すばらしいイベントだと感じています。障がいを抱える子供たちは、普段の生活の中で保護者や介助者など、人間関係が限定 a的になりがちです。ふれあいコンサートを通じて、子供たちの社会参加をサポートしていただき、また、障がいを持つ人、持たない人の相互理解を促していただいていることに感謝しています。

ページ上部へ

【板橋区】 企業ならではの自由なアイデアに刺激を受けています

板橋区障がい者福祉課 福祉係 係長 金子 浩一さん

板橋区障がい者福祉課
福祉係 係長
金子 浩一さん

板橋区では自助・共助・公助の連携による街づくりを進めており、障がい者支援活動についても、行政だけではなく、区民や区内企業、NPO・ボランティア団体などが一体となった取り組みが重要だと思っています。

リンテックと共催させていただくふれあいコンサートは、まさにこの連携による事業 です。音楽イベントに参加しづらい障がい者の方々に、生の演奏を楽しんでいただこうという発想は私たちになく、そうした自由なアイデアに多くの刺激を受けています。今後もこれまで築いてきた関係を大切にしながら、誰もが住みやすい板橋区の実現に向けてご協力いただければ幸いです。