グローバル企業としてリンテックのCSRを世界中で共有

CSR担当者それぞれの想い(欧米)

Germany

谷口 真紀

リンテック・アドバンスト・テクノロジーズ(ヨーロッパ)社
谷口 真紀

人のため、企業のため、社会のため、そして環境のために、社是「至誠と創造」を心に留め、一人ひとりが思いやりと責任を持った行動に努め、それぞれとの信頼関係を深めていくことが大切だと認識しました。

説明会参加者の声

  • CSR活動について直接話を聞けたことで、リンテックが企業の社会的責任を果たすためにグループ全社で取り組んでいる姿が理解でき、私たちも自ら進んで行動を起こさなくてはならないと考えるよい機会になりました。
  • ドイツでは環境面への取り組みが盛んなため、当社が発信源となってCSR活動を広めていける機会があるかもしれないと思いました。

説明会の様子

説明会の様子

説明会の様子

The Netherlands

草刈 一浩

リンテック・ヨーロッパ社
草刈 一浩

役職、職務、国籍を超えて皆で一緒に考えられる企業活動の一つだと感じました。特に、今後さらに加速するリンテックのグローバル化において必要な、現地社員の意見の反映につながるよい機会になると思います。

説明会参加者の声

  • リンテックグループの一体感を醸成するためにも、CSR担当者会議などを開催することが必要なのではと思います。
  • CSRをビジネスチャンスと捉えた、攻めのCSRを考えてみたいと思いました。真心は世界共通で重要なことだと思います。

説明会の様子

説明会の様子

説明会の様子

U.S.A.

Daniel MacKay (ダニエル マッケイ)

マディコ社
Daniel MacKay
(ダニエル マッケイ)

CSR説明会は非常に有益で、リンテックのCSR活動が真剣に行われていることをうれしく思いました。マディコ社ではISO 26000で必要とされる多くの原則を採用し、実践しています。リンテックの説明会と援助をきっかけに、マディコ社のすべての従業員を巻き込んで活動を強化していきます。

説明会参加者の声

  • リンテックが持続的で誠実・正直な企業グループをつくるという価値観を持っていることを誇らしく思いました。
  • リンテックが社会的責任を果たすために強いリーダーシップを発揮していることに感謝し、グループの一員であることに誇りが持てました。

説明会の様子

説明会の様子

説明会の様子

U.S.A.

Yukiyo Le (ユキヨ レイ)

リンテック・オブ・アメリカ社
Yukiyo Le
(ユキヨ レイ)

本社CSR推進室の説明会により、私たちローカルの社員も同じ価値を共有するリンテックの一員であることを再認識しました。海外拠点での活動のローカル化が、グローバル化につながると思います。

説明会参加者の声

  • 私はすでに同僚と社外のボランティア活動に参加しており、多くの人が社会のためにボランティア活動に参加することを願っています。
  • CSR活動は、リンテックがグローバル化する中で至誠と創造を重んじ、共通のルールやモラルで結ばれていくためのよい媒体になると思いました。

説明会の様子

説明会の様子

説明会の様子

U.S.A.

斎藤 均

リンテック・オブ・アメリカ社シカゴ事務所
斎藤 均

CSR説明会に参加し、リンテックの取り組み方針、具体的な活動などがよく理解できました。今後はアメリカでのCSR活動展開に向け、シカゴと本社CSR推進室の橋渡しになろうと思います。

説明会参加者の声

  • CSR活動は自主的な活動であると認識しましたが、会社としての推進はなかなか難しいとも感じました。
  • 改めてCSR活動の必要性を認識し、日ごろの行動から見直していきたいと思いました。

説明会の様子

説明会の様子

説明会の様子