CSRレポート2017
22/40

20For customerお客様のために消費者課題 先端技術棟の各フロアにはミーティングコーナーを配置し、研究員同士が活発に意見交換できる環境を整えています。特許出願数★件395 リンテックでは、お客様のニーズに迅速に対応するため、製品設計と量産化検討を同時進行させる「ワンストップ開発」に取り組んでいます。その基盤となるのが、2015年に本格稼働した研究開発本部の先端技術棟です。棟内の塗工設備を有効活用することにより、工場での試作前に量産プロセスの検証が可能となりました。また、精密分析技術の確立とシミュレーション技術の活用により、今後、さらなる新製品開発のスピードアップが期待されます。活 動1ワンストップ開発の推進 今回で第2回を迎えるワークショップでは、世界的にも取り組みが始められている「持続可能な開発目標(SDGs)」を、課題設定のベースとして利用しました。参加者30人は約半年をかけ、このSDGsに対しリンテックグループが事業を通じてどのように解決を図ることができるかについて議論を重ね、ビジネス構想を企画しました。最終回では会長、社長含む経営層に、参加メンバーが直接プレゼンテーションを行いました。 リンテックグループでは、社会課題やステークホルダーの期待に対し、事業を通じて応えることが「攻めのCSR」の実践だと考えています。リンテックのCSRの根幹である社是「至誠と創造」の精神を発揮し、価値創造へつなげるために、若手・中堅の従業員を中心としたイノベーション創出のワークショップを、前年に引き続き2016年も開催しました。活 動2SDGs*1を取り入れた事業創出ワークショップ*1 SDGs : →P08に記載。ワークショップのようす先端技術棟リンテックグループの考え リンテックグループでは、“「ものづくり」の原点に立ち、「品質」「環境」「安全」を基本とした製品開発・製造・販売に努め、あらゆるステークホルダーから信頼される事業活動を徹底する。”という品質方針を掲げています。また、お客様の期待に応えるため、製品やサービスの付加価値向上に努めています。マテリアリティ1新興国における地産地消のビジネスモデルの構築2新規分野への進出

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る