CSRレポート2017
21/40

国内外で生産効率の向上と環境負荷低減、新製品の量産化を推進モーダルシフトによる環境負荷低減や製品の安定供給を実現お客様に満足いただける高品質な“ものづくり”による安心と信頼の提供廃棄物の削減と有効利用の促進効率的な輸送によりエネルギー使用量2015年度比約1.7%削減約0.4%改善エネルギー使用量原単位再資源化の推進により廃棄物発生量の約87.1%リサイクル10年連続達成最終埋立比率1.0%以下のゼロエミッションを各営業所にてさまざまな社会貢献活動を実施社会貢献活動での年間拠出額1,822万円品質管理の徹底により品質事故件数比率 2003年(基準年)から 87%削減※取り組みハイライトは全てリンテック単体の実績。※取り組みハイライトは全てリンテック単体の実績。製 造物 流販 売・使 用廃棄・リサイクル19組織統治人権労働慣行環境 社長直轄のCSR推進室が、全社での高い倫理観の育成とCSRの浸透、およびCSR委員会の活動支援を行っています。CSR委員会は組織横断的メンバーで構成され、各委員会に推進担当役員を配することで、経営の立場から責任を持って活動をリードしています。 リンテックグループは2011年4月から「国連グローバル・コンパクト」に参加しています。下記10原則に基づいた事業活動を行い、社会の持続的発展に貢献していきます。 「ISO26000」はあらゆる組織における社会的責任に関する国際標準規格です。リンテックグループでは、七つの中核主題を参考に、CSR活動を推進しています。CSR推進体制国連グローバル・コンパクトISO260002017年4月1日現在監査室経営企画室広報・IR室総務・人事本部管理本部事業統括本部品質・環境統括本部生産本部研究開発本部コスト改革推進室CSR委員会企業倫理委員会CS委員会社会貢献委員会代表取締役社長CSR推進室●人権原則1:人権擁護の支持と尊重原則2:人権侵害への非加担●労働基準原則3:結社の自由と団体交渉権の承認原則4:強制労働の排除原則5:児童労働の実効的な廃止原則6:雇用と職業の差別撤廃●環境原則7:環境問題の予防的アプローチ原則8:環境に対する責任のイニシアティブ原則9:環境にやさしい技術の開発と普及●腐敗防止原則10:強要や贈収賄を含むあらゆ る形態の腐敗防止の取組み公正な事業慣行消費者課題コミュニティへの参画及び コミュニティの開発

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る