CSRレポート2017
11/40

09重点テーマ 1重点テーマ 2重点テーマ 4前中期経営計画の成果と反省を踏まえて、改善すべきことは改善し、新たな取り組みに果敢に挑戦することで最終年度における連結売上高2,700億円、営業利益250億円、売上高営業利益率およびROE9%以上を目指していきます。新中期経営計画「LIP-2019」-イノベーションの深化で「新たな価値」を創出-地域戦略の強化新たな価値の創造持続可能な社会の実現に向けた取り組み●国内におけるシェア拡大と新市場・ 新需要の開拓●アジア地域における戦略的投資と事 業拡大●欧米における既存領域の拡大と、買 収子会社との相乗効果の追求●顧客ニーズを超える差別化製品の創出●市場の変化を先取りした次世代製品 の開発重点テーマ 320161,6461,8342,0602,700201920162019(億円)単体連結売上高2016116143166250201920162019(億円)(年度)(年度)単体連結営業利益企業体質の強靱化●グループ会社の健全化と持続的 な収益拡大●組織横断的な業務改革の推進●コスト構造改革のさらなる推進●社会的課題の解決に寄与する事業活 動の推進●働き方改革と多様な人材の育成・活躍 促進リンテック・アジアパシフィック社設立印刷材・産業工材関連事業の強化を主眼として、東南アジアやインドなどで販売ネットワークの拡充を図るとともに、地域統括拠点としてシンガポールに設立。2016年度CSRワークショップ業務において「攻め」のCSR活動を実践するため、若手・中堅社員を中心とした「CSRワークショップ」を2015年からスタート。先端技術棟2015年度に本格運用を開始。最先端の分析・解析装置が導入され、これまで以上に材料開発から量産化までを円滑に実施可能。マックタック・アメリカ社幹部が訪問新たにグループに加わった、マックタック・アメリカ社の幹部が本社や研究所、工場を訪問。互いの理解を深めるとともに、今後の戦略について確認。ダイバーシティ促進検討委員会人事部門と連携して、従業員満足度の向上と安心して働ける職場環境づくりを目指す。従業員同士が協力し合える職場環境の実現に向けて啓蒙活動を実施。大型テスト塗工設備先端技術棟に導入。工場の量産設備により近く、生産プロセス開発のスピードアップを実現。今後の成長を担う新規材料の早期開発に貢献。イノベーションをさらに深化させ、新たな成長にチャレンジ基本方針

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る