CSRレポート2016
4/40

02TOP MESSAGE 熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、1日も早い被災地の復興をお祈り申し上げます。 リンテックグループは、粘着素材分野のリーディングカンパニーとして、粘着応用技術や表面改質技術などの独自技術から生まれた多彩な製品を提供してきました。 また、2014年度からは、中期経営計画「LINTEC INNOVATION PLAN 2016(LIP-2016)」で掲げた「グローバル展開のさらなる推進」「次世代を担う革新的新製品の創出」「強靭な企業体質への変革」「戦略的M&Aの推進」「人財の育成」の5つを重点テーマに、さらなる飛躍に向けた事業活動を推進しています。 「LIP-2016」における重点テーマの中でも、「グローバル展開」は「海外売上高比率40%以上」の実現を経営目標とする私たちにとって最重要課題になります。 同分野における取り組みの一つが、2015年9月にベルギーで開催された世界最大のラベル関連展示会「LABELEXPO EUROPE 2015」への本格出展です。大規模な展示ブースで新製品を主体に紹介し、欧州をはじめ世界のユーザー各社にリンテックグループの優位性をアピールしました。また、同展示会において、当社の再生PETラベル素材が評価され、サステナビリティ部門「ラベルインダストリー・グローバルアワード」を日本企業で初めて受賞しました。(→P28に詳細を記載。) 2015年12月には、クリーン粘着塗工設備がタイに完成しました。これにより、付加価値の高い製品を、東南アジアを中心にアジア各国へスピーディに展開していく基盤が整いました。 こうした事業活動のグローバル化に伴い、国境を越えて事業領域が拡大し、関係するステークホルダーも多様化する中で、国際基準でのガバナンスやリスク管理、コンプライアンスの強化に取り組んでいます。 リンテックグループが持続的成長を遂げていくために、革新的新製品の創造に向け、ハード・ソフトの両面を強化しました。経営目標の実現に向け、グローバル展開を推進しています。「LIP-2016」を指針に、飛躍に向けた事業活動を推進しています。「至誠と創造」の精神でCSR活動を推進し、社会に貢献していきます。1.グローバル展開のさらなる推進 2.次世代を担う革新的新製品の創出 3.強靭な企業体質への変革 4.戦略的M&Aの推進 5.人財の育成中期経営計画「LIP-2016」(2014年4月1日~2017年3月31日)基本方針重点テーマ攻めの経営と間断なきイノベーションで成長軌道を取り戻す

元のページ 

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です