CSRレポート2016
31/40

企業統治社会性報告環境報告29*2 スコープ1:自社で購入した燃料の使用に伴い直接排出された総CO₂排出量のこと。液化天然ガス(LNG)、プロパンガス(LPG)、都市ガス、酸素、灯油、軽油、ガソリンなど、ガスや液体燃料が対象。*3 スコープ2:自社で購入したエネルギーを作る際に間接的に排出された総CO₂排出量のこと。電気や蒸気などが対象。環境データの第三者検証について リンテックグループでは、ISO14001に基づいた環境保全活動を、国内・海外活動拠点のグローバル統合により推進しており、毎年、環境目標に対する環境マネジメントシステム運用の適切性に対して第三者の審査を受けています。さらに今年度は、環境報告書の信頼性・正確性・客観性向上のため、環境マネジメントシステムの外部監査機関でもあるSGSジャパン株式会社より、温室効果ガス排出量および電力使用量について第三者審査を受審しました。その結果、修正すべき重要な事項はありませんでした。OUTPUT81.9粘・接着製品0.8粘着関連機器72.0特殊紙53.0加工材(剝離紙など)廃棄物6.83●有価物販売量9.69●自社内有効利用量大気への排出水域排水200CO₂(二酸化炭素)28.26廃棄物発生量7.4SOx(硫黄酸化物)88.0NOx(窒素酸化物)4.8ばい塵0.45PRTR対象物質6,291排水CO₂排出量の内訳直接排出・A重油・都市ガス ・LPG87千t●スコープ1*2エネルギー起源間接排出・電気113千t●スコープ2*3販売製品製造11.74●廃棄物排出量10.86・外部有効利用量0.85・焼却量0.03・最終埋立量検証意見書千t千t千t千t千t千t千t千t千t千t千t千t千ttttt

元のページ 

page 31

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です