印刷用ページ

CSR情報 熊谷工場がゲンジホタルの生息環境の整備活動に参加 「熊谷市ほたるを保護する会」とともに工場の従業員と家族計7人が草刈りに汗を流す 2016年4月28日

リンテックグループでは、地域社会との共生を図りながら生物多様性の保全に努めています。

熊谷市ほたるを保護する会の皆さんと

熊谷市ほたるを保護する会の皆さんと

ホタルが飛び交うことを願い清掃

ホタルが飛び交うことを願い清掃

これからもホタルが飛び交うことを願い、生息地の清掃活動

2015年11月29日、熊谷工場の従業員とその家族計7人が、毎年6月に開催される「こうなんホタル祭り」の会場となる水路の整備活動に参加しました。
こうなんホタル祭りはくまがや市商工会などが中心となって進めている自然のゲンジホタルを鑑賞する催しで、これまで7回開催されています。今回の整備活動は、地元のNPO法人「熊谷市ほたるを保護する会」の取り組みで、熊谷工場は同会に2014年から参加しています。
当日は、これからもホタルが飛び交うことを願いつつ2時間あまりかけて、参加者全員で草刈りに汗を流しました。刈り取った草は軽トラック6台分もの量になりました。
同会は、ゲンジホタルの保護を目的とした地域住民と協働する活動のほか、里山保全にも力を入れています。竹の子狩りなど家族も交えて参加できる活動もあり、熊谷工場ではこれからも、積極的に同会の活動に協力していきます。

リンテックは今後も、各拠点において地域住民と協働しながら、生物多様性保全を目指す活動に継続的に取り組みます。